FC2ブログ

2012年12月

カエル畑DEつかまえて☆彡 レビュー


カエル畑DEつかまえて☆彡

■制作:拓洋興業/TAKUYO
■シナリオ:井上愁/白鳥ユアン
■原画:ヒロセアヅミ
■ジャンル:学園それなりに恋愛アドベンチャー
■対応機種:PSP (PlayStation Portable)CERO:B
評価:65

かねてより気になっていたカエル畑をようやく終えたのでレビュー記事などを
最初は、絵柄やノリやその他諸々が取っつきにくく感じましたが
プレイ後はむしろこれじゃないと感に襲われました。
以下、レビュー記事です、ネタバレには気をつけてますので、未プレイでもどうぞ。

【ストーリー】
――世界には解明されない謎や、不思議なことが沢山あります
大抵の人間はそんな機会に触れることなく、実に平凡で普通な安穏たる日々を
過ごすことになるでしょう

ハプニングやトラブルに巻き込まれるなんてことは、現実ではそうそうありません。
……ちょっと道を踏み外さない限り、ですがね

主人公、菅野風羽は月宿高校在学の放送部員
いつも通りの雑談を繰り広げる部室で部長の法月連が
ある企画を持ってくる。

それは月宿市に関する七不思議を自ら作ろうという物だった。
賛否両論ある中、同級生の広瀬優希らと
とりあえずは校内聞き込み調査をしてみるものの目立った収穫はなし。

「あ、そうだ! そーいえばうちの学校にも、変な社があるじゃん!」
突如の法月の発案に、他にいい案も浮かばない面々は社がある渡り廊下へと向かうことにした。

渡り廊下で丁度その場に居合わせた美化委員の葉村椋人
空閑正臣らを巻き込みつつ社の調査をする一行。
扉が開かない意外なんの変哲もない古びた社だったが

「あ、あの…力いっぱい引っ張れば、開くかなって」
「壊れたら直せばいいだろ」

―と若干強引な流れになり、嫌な予感をしつつも扉をこじ開けた瞬間、社は大破。
近くに落ちていた薄汚れた古い遺跡の様な何かを拾った直後、巻き上がる紫煙
為す術もなく煙を浴びると……
なんと、風羽達はカエルの姿になっていたのだ。

その後タイミング良く現れた通りすがりの2足歩行の猫又に助けてもらうも
ある条件を突きつけられる

それは土地の浄化…月宿の掃除をすることだった。

――そして、風羽達のほんの少し不思議で
ほんの少し奇妙な物語が始まったのです。



スポンサーサイト