FC2ブログ

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 簡易感想 [ネタバレなし]

三国恋戦記Daisy2

三国志なんて孔明の罠しか知らなかった訳ですが
ちょくちょく耳にして評価が高いし気になっていたのでつい手を出してしまいました。
しかも孔明の罠って史実とは違うところから来てるしね。
そんな訳で、自分の三国志の知識は諸葛孔明という軍師が居る事以外はサッパリだった訳ですが
そんな状態でも恋戦記は楽しめました。
むしろ、知らないからこそ先が気になり、登場人物の先入観もなかったのですんなりと
受け入れられたりしました。

物語は三国志にまつわる不思議な本を開いた主人公が本の世界へと
吸い込まれてしまうタイムスリップもの
そこで主人公は劉玄徳ら玄徳軍と出会い軍師として戦っていく訳ですが
現代から来たからこその価値観の相違や甘さもあり最初は戸惑いもしますが
戦や三国志の世界で出会う様々な人を通して
主人公が段々と成長していく過程は丁寧でした。

攻略キャラは隠し含め総勢10人と多いのですが、その一つ一つがマンネリ化する事もなく
個性があるキャラクターにクローズアップされているので、飽きずに楽しめました。
どうしても物語の性質上、被ってしまう所もありますがそこも視点が違う事で
見えてくるものも違ったりして面白いです。
総じてグラフィック、シナリオ共に作品作りが丁寧なのでそこに好感が持てますね。
音楽は後から知りましたが細井聡司さんで、これまたいい曲を作る方ですし。

私は前述した通り三国志のキャラクターは孔明しか知らなかった事もあり後にも先にも
彼が一番気になっていた訳ですが大当たりでした。
物語序盤、一周目は飄々とした掴み所がない性格からこの人大丈夫か?とか
中の人が気になって仕方なくて不安だったんですけど
孔明を攻略した頃になれば、そんなのも吹っ飛びました。
設定からしてズルいですね、好きにならない訳には行かない、こういう人は大好きです。
余談ですがこんな書き方をしましたが、中の人については好きか嫌いかで言ったら好きな方です。
けど如何せん個性が強すぎる…


ダークホースとしては関雲長でしょうか。
物語のキーポイントで作品の謎についてかなり言及されています。
全体の物語としての流れを楽しみたいのなら
雲長の攻略を最後に持ってきても楽しめるかもしれません。

因みに私の攻略順は
玄徳→ノーマル→子龍→翼徳→仲謀→公瑾→隠し→孟徳→文若→雲長→孔明
と、玄徳を最初に持ってきた方が物語の共通の展開上楽しめるという意見と
雲長と師匠は最後に持ってきた方がいいという助言を元にこのようになりました。
師匠で終わりたかった事以外は特にこだわりはなかったのですが、この攻略順にして良かったです。

恋戦記は名作とはいかなくても中々の良作で、買って損はないと思います。
発売当初から何度か移植を繰り返し、今回新装版を手にしたのですが
時期的には丁度良かったように思えます。
後日譚が追加されてるので携帯でやるならVitaかPSP
PCの大画面高画質でやりたいなら新装版っていう感じですね。

FDも発売された事ですし、メーカーさんの次の動きはどうするんでしょうか
そろそろ新作かな?
最近は乙女ゲーのアニメ化も増えて来ましたし
その流れに乗じて三国恋戦記もアニメ化して欲しいところです。
スポンサーサイト