FC2ブログ

ペンタゴンシンドローム 感想

tumblr_inline_n5cx0steo21sbuq33.png
■制作:a.ymnk.P(ヤマナカ)
■ジャンル:女性向け恋愛ADV
■対象:15歳未満禁止、18歳以上推奨
■ツール:LiveMaker

このゲームは某美少女ゲームをリスペクトして作られている、と言う事前知識の元
プレイしましたが、題材となった作品もプレイして好きではありましたが
だからこそ、このゲームもとても楽しくプレイすることができました。
というか個人的にそこまで似ているか?と疑問に持つぐらいでした。
それぐらい一つの物語として完成されています。
そう、私は乙女ゲーでこんな作品を求めていた!
個性的なキャラクター、テンポが良く読みやすい文章、
何より登場人物達が生きるために必死に足掻いていく
そんな姿に気がつけば時間を忘れ没頭してプレイしていました。
このゲームの主軸として”ある設定”が使われていますが
その設定を使うにあたって随所に制作者様の熱意が伺えます。
伏線もきちんと回収されていて、クリア後に開放されるおまけシナリオで
更に物語の理解度が深まります。

キャラについては第一印象とギャップのあるキャラが多い
そこがまた面白かったです。
木場を最初に攻略した衝撃…
物腰の落ち着いた変人かと思いきや、結構アレな人でした。
でも木場はその設定としてはまだ安定した方だと思います。
文太はもっと常に怒って怖いキャラかと思いきや
常識人だし、面倒見がいいしで良い意味でギャップがありました。
そしてギャップと言われ一番の衝撃を受けたカラス
お前こんなキャラだったのかよ!と…面白かったです。
セイと岡目に関してはだいたい安定して第一印象からは変わりませんでした。
セイの個別ルートのアレは精神的に不安定になってただけだろうし。

攻略の難易度がキャラによってはそこそこ難しく、何度か死にました
BADエンドの数は多く、エンドリストに記載されてないのもいくつかあります。
パラメーター調整キャラによってはBestEndの為に調整する必要があり
否定値と愛情値が冒頭のシナリオ選択画面だけではなく
通常の画面上、またはシステム欄で見られる形の方が常に確認できて
わかりやすかったんじゃないかなと思います。
個人的な難易度で言うなら
カラス>セイ>木場>文太=岡目
何故かセイで蹴躓いて何度やってもNormalエンドに行き着く始末…
結局攻略のお世話になってしまいました。
木場も否定値の調整がいる分難しい部分もありますがなんとか自力で辿りつけました。
文太と岡目はただ愛情値あげていればいいので楽です。
カラスは制作者様の攻略サイトに書かれている通り、割と面倒臭い
本当にこの選択肢であっているのか、否定値と愛情値は大丈夫か
Bestエンドに辿り着けるのか終始不安でしたが
その分辿り着いた時は達成感もありました。

各BestとAnotherStoryが開く程度に攻略したぐらいなので
スチル回収含め、また細々とプレイを続けていきたいと思います。

以下個人的な所感、ネタバレあり
ゲーム自体の感想ではないです。
このゲームに出会った時は公開停止中の時で
ストーリーも面白そうだし今後公開するのか気になっていました。
リスペクト元関係で色々あった感じですが
サイトを読むと作者様がリスペクト元をとても大事にしていらっしゃるのが分かります。

上記でもチラッと書きましたが個人的な事を言うのであれば
多重人格設定は様々な作品で題材にされていますし、
そんな制作者様に直接この作品はこのゲームと似てますねと掛け合う程のことではないと思います。
リスペクト元も好きな事があり、勿論この作品も好きになった事もあり
色んな人も居るんだなぁ…と思った次第です。

今回の作品が面白かったので、もし制作者様が別のゲームを作る機会があれば
是非応援していきたいです。



スポンサーサイト