FC2ブログ

ショタに至る病 感想

去年の夏にスタンプラリーの景品として頒布され、今回エープリルフールに改めて公開されました
Rayさん制作「ショタに至る病」プレイさせていただきました。
プレイした後の興奮のまま書き綴っているので読みづらいかもしれません。

イベントには行けず、本編はその時から気になっていたので、このショタいた公開には
軽く小躍りしたい気持ちになりました。
素晴らしい処置をありがとうございます、Rayさん。

さて、本編ですが同サークルさんの「時函」と「千の祈りのパラドクス」の
2ショタキャラがメインとなっているので両作品を知っていた方がより楽しめるだろうと思います。
完全なパラレルワールドなお話ですが、非常に楽しませていただきました。
倉敷博士が医師をしていたり、智慧梨さんがメイドさんをしていたり…新鮮でした。
特に過去作をプレイしている身からすれば時函組にボイスがついたのが嬉しくて嬉しくて
朋くんが喋ってるよ!イメージ通りのボイスだよ!透き通った声が素晴らしい!
これを聞くと本編にもボイスを有料でもいいから追加で欲しいところです。
深刻に「ショタコン」を病として扱っているのは面白い設定でした。
シリアスな中「ショタ」という単語が出てくるだけで笑いが込み上げてきてきました。

主人公が過去作のヒロインではない、乙女子さんという新たなヒロインでしたが、ラブエンドが
あるにも関わらず、自分は問題なく受け入れられました。
その辺心配していただけに、良かったです。
逆に朋くんには小夜ちゃんが、たっくんには大野さんしかいない!
という人にとっては辛いかな、と思います。
乙女子さんですが眉目秀麗で病弱なお嬢様と一見するとお淑やかで礼儀正しい淑女ですが
脳内がショタ思想全開なのでショタ好きのお姉さま方は
同意してしまう部分もあったのではないでしょうか。
それとも、自分はあそこまでショタに対して興奮妄想全開ではない、という人が多いのでしょうか…
プレイ層が気になります。

たっくんルートと朋くんルートに分かれ、エンディング数は9つと、思った以上に充実してます。
それぞれのラブエンドでは主人公がショタコンであると同時に男性恐怖症の原因が語られますが…
…あれは酷い!よくよく考えても馬鹿っぽくはありますが
苦手な人にとっては拷問以外の何者でもない…それは嫌いにもなりますよ。

全体を通して、新たな設定を設けた事により
過去作とは違った朋くん、たっくんを堪能できるので、
パラレルOKで2人が好きな人は楽しめると思います。

ところで、この設定での小夜ちゃんはどうなってるのがチラッと気になりました。
朋くんと幼なじみだと小夜ちゃん命になってしまいそうだし…知り合いか他人なのかな?

ぷらす、も制作予定みたいなので、そちらも楽しみです。
この作品を経て私は改めておねショタ系の乙女ゲーが増えるべきだと確信しました。





スポンサーサイト