FC2ブログ

祝姫 感想


■メーカー:DMM GAMES
■シナリオ:竜騎士07 
■原画:和遥キナ

1000年にも渡る長き恋、この響きだけで、なんだか懐かしいものがあります
ちょっと前まではそんな設定のノベルゲー、結構見かけた気がしますが最近では本当に見ないですね。

和風伝奇もの、和遥キナ先生の絵、舞台設定
この3つが久々に竜騎士作品を手に取ったきっかけでした。
竜騎士作品はうみねこ、Rewriteの個別ルートを最後に両方共自分の中では微妙な立ち位置だっただけに
手に取るのが怖かったのがありましたが全編通してプレイした今となっては
まったく後悔がなく、値段相応の価値がある作品でした。
動作確認を兼ねた体験版で面白いか否か決めようと気軽に落とし
序盤からの夢か現かもわからない電車飛び降り自殺描写で一気に引きずり込まれ
登場人物の感情がグイグイ伝わってくる文章に次第に没頭していき…
もともとオートで流しつつ、隣で別の作業しようかな的な軽い気持ちだったのに
気がつけばこっちがメインでクリッククリック。
作品全体長さも描写不足で短くもなければ身のない文章がダラダラ続いて長くなることもない
伏線は綺麗に回収され、纏めあげられて一つのお話として綺麗に完成していました。
結末は人によって解釈が別れるでしょうが、自分はこの作品らしくて好きです
これもまたハッピーエンドの一つの形だと思います。

追記でネタバレ踏まえつつ話します


作中の冒頭で「君は誰でこの気持はなんなんだ」(うろ覚え)と涼が十重に対して
心の中で問いますが、それに対する答えが終盤、最後の最後の告白で見て取れてグッとくるものがありました。
完璧超人過ぎて人間離れしてるよう見える涼の人間らしさが見れるシーンの一つで
声優さんの演技も合わさって、プレイし直したいシーンの一つです。
この祝姫、こうしたもう一度プレイしたいという箇所もあれば、もう十分、二度と読みたくないキツイ痛いなシーンも存在していて、主に白昼夢内の出来事が耐えられるか否かがこの作品に合う合わないの分かれ目かと思います。
まさか全年齢な作品で鬼畜凌辱もののエロゲのような描写を見ることになるとは思いませんでした…
グロ的な意味を含めてその辺の描写は鼎先輩がダントツだと思ってるので、そこさえ耐えられれば他の子はそこまでじゃなかったです……たぶんね
鈴女の睦が迎えに来た!からの拷問シーンもなかなかくるものがありましたが…
…思い返し書いていて気落ちしてきたので一息。
そんな癖がある文章を引き立たせてくれるのがキナ先生の美麗な絵です
黒髪ロングで雰囲気的にも清楚な絵を描くイメージがあったので、一見真逆かと思いきや
狂気とグロに満ちる竜騎士先生の文章をこれでもかってぐらい忠実に描写されていて
プロってすごいを実感させられました。
キナ先生の描く顔芸が見られるのは祝姫だけです、恐らく。
顔芸の表情の作りがどことなく竜騎士絵を彷彿とさせたので、これこれこんな表情で描いてと
そんな指定を貰ったのかなーと思いました。

絵でプロ意識を感心させられる中、声優さんの演技にも同じぐらい感心させられて
声の表情の使い分けがどのキャラも多彩でボイスありだからこそ祝姫は光る作品だと思います。
涼の人を例にとっても、普段の爽やかで嫌味を感じさせない落ち着いた演技
睦の涼よりは大人びた、それでいて子供心を忘れない好青年の演技、霊障による暗さが残る演技と
表現の幅広さは流石プロです。これが涼だけではなく登場人物ほぼ全員にそれが適応されるのだからすごいです。
声優ゲーといっても過言ではないぐらい、どのキャラも生き生きしていて、声優にあまり興味の沸かない自分でもこのゲームに出ている声優さんはちょっと調べてみようかな…と思ったほどでした。

ここまで不満点はあまりなくむしろ満足な出来でしたが、この作品に一つも不満もなく大満足な出来かと聞かれると小首を少しかしげたくなる部分もあります。
竜騎士さんの文章、上手い時は本当に物語に引き込まれるのですが反面
主にギャグ、戦闘描写の一部がノリノリで書いたのか明け透けて見えてちょっと冷める部分もありました。
具体的に言うとプロレス、あそこで敢えてプロレスにする必要あったか?
水着で?本当に老人が喜ぶのか?
内輪で楽しんでたようにしか見えなかった…てのと過去の竜騎士作品からはマイルドになったとはいえ
SEと感嘆符をふんだんに使った戦闘描写(主に巨大な鉈槌鋸etc…)
破邪顕正あたりは打ち破るのに説得力があるのにそこに至るまでのバトルが人によっては興ざめかもと
…この辺のアクの強さは変わってないので懐かしくもありましたね、その辺苦笑で流してました。

シナリオに関してはこのぐらいで、他にはシステム…これは自分の環境に依存するので一概に悪いとは
言えませんが、とりあえず自分のWindows10では動作対象外な為か、少し進めたら強制終了が多く
こまめなセーブが欠かせませんでした。
特定のシーンで落ちるのではなく起動時間で落ちる感じ…
体験版ではそんなことなかったので驚きました。
製品版と同じツールで作ってるはずなのに何が違うのか?
あの複雑で面倒なDL方法に原因があったのか?最後までなんで落ち続けたのかわかりませんでした…
操作性はそこを除けば問題なかったです。
キー操作は便利ですが気づくまで時間がかかり右クリックすればメニュー一覧は開ける訳ですが
ウィンドウ上に操作メニューがないのは他のADVゲーに慣れてると少し不便でした。
履歴から該当シーンにジャンプする機能は便利でよく活用してました。

と、まとまりのない文章ですがつらつらと書いてきました。
個別ルートの感想を書いてもいいと思いましたが、長くなりそうなので
別口でまた書いてもいいかな?と思ったら書きたいと思います。

ススムンイケメン!ヒロイン全員可愛い!先生面白い!夏也イイヤツ!
シャチホコ部での日常をずっと見ていたかったです。


[追記]
最後の最後で夏也に関してほのめかされていて最初疑問だったのですが
他の方の感想見て回っているうちに、並行世界の鈴女と睦は代々子に季節の名前をつけた
と書かれていたのを思い出してなるほど!と思ったのだけどそれと違う時間軸の涼と十重の
生きる世界にどうして反映されたのか疑問、奇跡?



スポンサーサイト