FC2ブログ

はーとふる彼氏(フリー版) レビュー

はーとふる彼氏

■制作:PigeoNation Inc./玻都もあ様
■ジャンル:サウンドノベル/鳥専恋愛シュミレーション
■ツール:Famous Writer
■評価:-

ちょうど今年の夏頃に話題になった『はーとふる彼氏』
攻略対象が全員ハト+αという鳥好きにはたまらない
このゲームを、せっかくなのでレビューしたいと思います

今回プレイしたのはフリー配布されている体験版です
現在、体験版に追加ルート・イベントを追加した”Plus”
10月頃に完全版が頒布予定らしいです
完全版が出た後、評価も含めて、もう一度レビューしたいと思います。


【ストーリー】
舞台はハトばかりが集まる名門校、聖ピジョネイション学園。
はじめはハト目だらけの教室に戸惑うばかりだったあなたも、もう2年生。
学園での生活にも慣れ、楽しく平和な毎日を過ごしていたのですが…?

共に学園で過ごしていく間に芽生える初めての感情。
ハトの鼻コブの意外な柔らかさ。
心温まるラブストーリーをお届けします。
                                    (公式HPより)

【シナリオ】
体験版といえど全キャラクター、エンディングまで迎えられます
終わりが若干尻切れトンボなシナリオがあるのと
全体のイベント数が少なく感じられるのは
おそらく完全版で追加されるからなのでしょう。
各キャラクターのシナリオは涙あり、サスペンスあり、癒しありの
バライティーに富んだ構成となっています
完全なネタゲーかと思いきや、裏設定など作りこまれている
部分も多く、驚かされました。
主人公のノリが独特なので、好き嫌いが別れると思いますが、
全員キャラクターの攻略を終える頃には慣れてくるでしょう。

【キャラクター】
■華原涼太
幼なじみのカワラバト
一般的によく目にするハトで馴染み深いんじゃないでしょうか
彼のシナリオは異種間との恋を
真っ向から書いていて、とても興味深いものでした。

■銀朔夜
貴族でプライドが高い朔夜ですが、
意外に素直なところがあったりと可愛い所もあります
彼のシナリオはまさに王道といった感じでした
朔夜の希望が叶ったのか叶わなかったのか、気になります。

■坂崎優也
共通ルートであまり出てこない為
イマイチ存在感がないですが、
シナリオ的には裏設定とも通じており
一番盛り上がるルートだと思います。
超展開とも言いますが、完全版追加シナリオの
伏線としては充分に発揮されています。

■藤城嘆
一番最初にやったルートであり
一番切ないシナリオでありました
まさか鳩ゲーで感動できるなんで思いもしませんでした。
設定としては泣きゲーなどにありがちなものとなりますが
ハトでやるとまた新しさを感じます。

■尾呼散
尾呼散は…癒しです
唯一、ヒトの言葉を喋れず擬人化状態もハトのままですが
これにもちゃんとした理由があります。
”ぽぽろっぷ~わ”しか言わないのに言葉を理解できる
主人公が不思議でなりません。
はたして尾呼散の探すプリンとはなんなのか
完全版で明らかになるんでしょうか。

■七姫一明
主人公が七姫先生を好きになった経緯が
すっ飛ばされていて、唐突さを感じたので
その辺をもっと詳しく書かれていればと思いました。
ですが、これは体験版なので完全版では
追加されてくるのかもしれません。
よく眠りますが、七姫先生のあの睡眠っぷりは
何か病気なのかと逆に心配になってきます。

■岩峰舟
岩峰先生、怖いです
初見から怪しさが漂ってましたが
まさか主人公があんなことになるなんて…
しかもそれが正規ルートなんて…
これが俗に言うヤンデレですね
デレてない気もしますが。
クリスマスイベントは軽くトラウマレベル

【グラフィック】
背景はフリー素材
ハト画像は写真の切り抜きになります
若干切り抜きが甘く感じられる部分もありますが
それさえも味となって、独特の雰囲気を醸し出しています。
鳥類なので表情変化はありません
一応最初の紹介の際に擬人化グラフィックが用意されています
こちらは原画も塗りもクオリティが高いです
尾呼散は実際にモデルがいるらしく、制作者のハト好きが伺えます

【音楽】
曲数はやや少なめですが
本編の長さと比較すると丁度いいように思います。
日常系の穏やかな曲が多いですが
ホラー調だったり感動系だったりと
場面場面に合わせた曲が流れバリエーションに富んでいます。

【システム】
ゲームは通常のウィンドウタイプで進行していきます。
既読スキップはあるみたいですが
進行画面中の右上のスキップボタンを押すと
未読までスキップされてしまい、少々不便でした(私だけでしょうか…)
セーブ箇所は充分に用意されているので困ることはないと思います。
終了する際セーブするか確認をしてくるのでうっかり忘れてしまっても安心できます。

このゲームにはNS3(脳内シンクロ再生システム)という
豪華声優陣を脳内で再生できる機能が付いています
ですが私は声優には詳しくないので機能せず、勝手に合う声を想像していました
子安とかC†Cのラバのイメージしかありません。

【雑記】
ちなみに私は鳥の中で一番好きなのはペンギンですが、
二番目に好きなのはハトだったりします。
ですが当然のことながら恋愛対象としては
見たことがなかったので、このゲームの存在を知った時は
”ちょっと何を言ってるのか分からない…”と戸惑ったものです
ですがプレイし終えると更にハト好きが高まりました
完全版に期待したいです。


スポンサーサイト